中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
<< 応用情報技術者試験(AP)合格証書 | main | 平成23年度 中小企業診断士 経済学・経済政策 の振り返り >>
2011年の夏が終わりました(中小企業診断士試験)

  2011年の夏が終わりました。(って、これ、去年も書いたような。。。

 お取引先の皆様には大変、ご迷惑をおかけしましたが、夏休み終了です。夏休みといって何をしているかといえば、もはや高校野球のように恒例となってしまった、中小企業診断士試験です。

 そもそもは前職のとき、経営の知識のあまりの無さに、自己啓発として受け始めたのですが、その後、退職して独立することになり、なかなか勉強が進まず・・・。

 既にコーチングで書籍も2冊出し、ITと経営品質をベースにコンサルもやっているのに、今さらなんで受けるのか、と言われることも多いのですが、この質問には「そこに山があるから」としか答えられません。コーチとしては、「未完了」というのもありますし、それだけの魅力がこの試験にはあると思っています。

 せっかくの機会なので、ちょっと振り返ってみましょう。

 最初に受けたのは平成16年。今から見れば旧試験ですね。一発で8科目合格というハードな試験。。。会社に行きながら、日本マンパワーさんに通学していましたが、仕事の疲れで、授業中に寝てしまっていたこともしばしば。

 当時は正解発表もなかったので、今となっては、何点取れていたかはわかりません。そして平成17年を受けて、平成18年に、制度が変わり、科目合格制がスタートしました。で、この年は「経営情報システム」が科目合格。やっぱり実務でやっていると強い。。。

 で、独立してからは、相変わらずほとんど勉強できなかったのですが、とりあえず受け続けました。平成18年度、平成19年度は何もひっかからず、この「経営情報システム」の科目合格の期限である3年目である平成20年度に、今度は「経済学・経済政策」「経営法務」が合格。最近、気づいたのですが、これってコンプリートを狙うおまけ商法と一緒ですね。なんか悔しくて毎年、受けちゃうという感じですね。うまい商売です(笑。

 と、ここらから(やっと)真面目に合格を目指す気になってきました。

 と、思って受けた平成21年度では「企業経営理論」と「運営管理」が合格。よく覚えていませんが、試験の出題委員が公開されるようになり、その著書を読んだら受かった、という感じでした。「経営情報システム」は楽勝かと思っていたらダメでした。ちなみにこの年は「財務・会計」の勉強が間に合わず、欠席しました。それがその後の2科目「企業経営理論」「運営管理」の合格につながったのでしょうが、チャレンジだけはしていても良かったかもしれません。

 ということで、まずはどうも最初に受かって以来、合格ラインになぜか達しない「経営情報システム」の免除を狙って、「応用情報処理技術者」を受験することに。この試験は年に2回。10月はあとちょっとダメでしたが、4月の試験でこれは合格。しかし、試験申込みの関係で、これは平成22年度から有効ということで、少し残念。しかし永遠に免除というのは強いので、受ける価値はあるのでは?と思います。

 結局、昨年、平成22年度は、初日に「財務・会計」、2日目に「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」という3科目になりました。で、この年は、「中小企業経営・中小企業政策」のみが合格。「財務・会計」の勉強は、結局、間に合いませんでした。

 そして今年は結果として、1日目に「経済学・経済政策」「財務・会計」、2日目に「経営法務」というラインナップ。

 ちなみに、「経済学・経済政策」 はフリーラーニングで学習。勉強期間は1.5ヶ月くらいですかね。「経営法務」は、ビジネス法務実務検定 と過去問で対応しました。「財務・会計」はやはり時間が取れず、ファイナンスをメインにみっちり学習。アカウンティングは過去問のみ、という状態でした。理論はダメだけど、とりあえず計算問題はできる!という感じです。

 今年の受験会場は東洋大学。調べると、最寄でビジネスホテルが安そうなのは巣鴨でした。で、巣鴨の「鴨川イン巣鴨」さんに2日前から連泊。試験で泊まる方も多いようで、いろいろ配慮していただき、とても快適でした。スタンドを貸してくれたり、静かな角部屋を用意してくれたり、荷物を預かってくれたり、、、お陰で勉強に集中できました。

 しかし、このホテル、実は周囲を廉価な風俗店に囲まれており、何とも異様な光景でした。しかし、そのせいもあってか、すぐ裏の近くの西友=ウォルマートが24時間営業で、これはとっても便利でした。そしてまた、風俗店が多い割には呼び込みなどは居らず、とても静かなんだけど人通りがあり、夜まで勉強を頑張ることができました。あまり高級なホテル(去年と一昨年)だと、静かすぎたのですが、そういう意味では勉強がいちばんはかどったかもしれません。

 さて、2011年の試験の内容ですが、「経済学・経済政策」は過去問をやっていれば解ける問題が多かったです。理論が多く、時事問題は少なくなり、これは真面目にやれば合格できる良い問題ですね。ただし、複雑なグラフを読み解く問題が多く、時間が足りない。。。昨年はひねりすぎと批判されていましたが、こういう風に難易度を上げてくるのは来年もありなのではないか、と思います。結局、焦って個人的にはアホなミスをしてしまいました。

「財務・会計」は驚いたことに、問題傾向が過去問とは違い、アカウンティングの分野で計算ではない問題がずらり。なんじゃこりゃーという感じでした。ファイナンスは簡単な問題が多かったですかね。こちらでは差がつかないかな、と思いました。後半のファイナンスから解いたのですが、アカウンティングで時間をかけられず、簡単な問題で失敗しました。

 2日目の「経営法務」は、過去問さえやって理解していれば合格ラインは取れるだろう、という問題。印象としては簡単という感じでしたが、そこは診断士試験。細かいところでミスをしてしまいました。「財務・会計」の穴を埋められるか?微妙なところです。

 結果は明日、診断士協会 から正解と配点が発表されるので、それまちですが、もし、合格していますと、今度は秋の二次試験対策ということになります。もし、「財務・会計」が失敗していますと、また来年受験ですね。その場合、来年は、2日目の科目が全合格ですが、初日の「企業経営理論」「運営管理」が復活しますので、「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」の3科目ということになります。二次試験の範囲そのままの3科目ですので、一気に二次まで合格しようと思えば、こちらの方がスムーズかもしれません。

 今の心境はと言えば、勝ったか負けたかはわからないものの、夏の甲子園が終わった、という感覚です。この一週間、かなり集中して頑張りました。

 明日の試験結果を受けて、とりあえず次は、勉強の過程で合格を取り残しているITストラテジストか簿記、ビジネス法務の2級、あるいは行政書士でも受けてみようか、まあ、ちょっと考えてみます。

 その前に、まずは明日からは、仕事の再開です。頑張ります!(今日は休みます。

| ★ 中小企業診断士試験 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chushoukigyoushindanshi.com/trackback/1604031
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
コーチ募集(コーチングバンク) 灰谷孝ブレインジムラーニング 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック NLPコーチング カーディーラー経営品質向上 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC alice forest 〜 アリス・フォレスト 実践写真教室 フォトスクール「橋本塾」 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル