中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
<< 簿記3級合格への道 | main | 平成23年度中小企業診断士第2次試験の筆記試験の結果が出ました! >>
企業経営理論の過去問を解いてみた
 今日は部屋を片付けた、ということもあり、思い立って診断士試験、企業経営理論の過去問を解いてみた。過去問って言っても、今年の問題ですが。



 ここだけの話ですが、私がここ数年、お世話になっているのが上のソフト。過去問をクイズ形式でできるので、重宝します。パソコンさえあれば勉強できるので、とにかくどこでもいつでも気楽にできます。

 しかも安い! 10年分の過去問が3000円台ってすごくないですか!?

 ときどき解説が間違っているのが玉にキズですが、それは今年から、電話して直させることにしました(笑。すでに今年の本試験前にも、2問、指摘して直させていたりします(w

 さて、そんなことより、今日の結果です。

 結果は、65点。合格ラインです。

 ブランクの割にはよくできたのではないでしょうか?

 前に受かったときに比較して、応用問題が増えているのが特徴ですね。フレームワーク系は文章題の方が解きやすい気もします。

 相変わらず労働関連法規は面倒な改正ポイントが出ていますが、これはまあ、試験問題が作成される5月以降に対策するしかないですね。

 来年は、この企業経営理論と、運用管理、そして宿敵の財務・会計で一次合格ですので、まあ、準備さえしておけば、ほとんど合格は間違いないかと思います。

 ということで、このブログも真面目に更新することにして、欲張って一次二次同時突破を目指して、勉強をスタートさせることにしました!

 既に合格した科目については、絶対にクリアできるセオリーも一応、考えてありますので、それもときどきシェアしていこうと思います。

 来年12月までの期間限定ですが、こちらのブログもお付き合いいただけますと幸いです。
| C 企業経営理論 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chushoukigyoushindanshi.com/trackback/1604027
トラックバック