中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
<< 平成22年度 中小企業診断士 試験委員 | main | 応用情報技術者試験(AP)合格証書 >>
2010年診断士試験総括
 2010年の試験が終わりました。

 ちなみに試験前の状態はこちら

A 経済学・経済政策 免除 平成20年度合格
B 財務・会計
C 企業経営理論   免除 平成21年度合格
D 運営管理     免除 平成21年度合格
E 経営法務     免除 平成20年度合格
F 経営情報システム
G 中小企業経営・政策

 ということで、今回は3科目のチャレンジ。
 結局、マンパワーのCD−ROMのうち、財務・会計と中小企業経営・政策を見て、問題演習は前々日からホテルに籠もって過去問3年分、それと直前講習のみ、という状態でチャレンジ。

 結果は、、、

B 財務・会計 → ×(足切りラインは突破)
F 経営情報システム → ×(足切りラインは突破)
G 中小企業経営・政策 → ○

 というものに。

 あらら、という結果になりました。経営情報システムはやたらと時事ネタが増え、基礎知識が役に立ちませんでした。とはいえ、既に応用情報処理試験に合格していますので、来年は科目免除決定です。

 ということで、来年は、

A 経済学・経済政策
B 財務・会計
C 企業経営理論    免除 平成21年度合格
D 運営管理      免除 平成21年度合格
E 経営法務
F 経営情報システム  免除 応用情報処理試験に合格
G 中小企業経営・政策 免除 平成22年度合格

 という感じに。いよいよ来年は合格しそうな布陣ではありませんか!

 ということで、反省も込めて対策案。

A 経済学・経済政策
E 経営法務

 ⇒既に一度、受かっているだけに気が楽ですが、もう一度、復習ですね。
  この間の過去問3年分を解いてみて、何点取れるか、というところから
  スタートでしょう。

  経済学は微妙に忘れているかもしれませんので、
  カンタンな本で復習しておきたいと思います。

B 財務・会計

 ⇒これが本当にボトルネックですね〜。というより、今回、真面目に勉強してみて思ったのは、これは相当、極めないと2次突破は難しい、ということです。
 あと、やっと試験範囲が実感としてわかったので、問題演習あるのみでクリアしていきたいと思っています。

 もうひとつ。この科目、得意科目にできると、実ビジネスでも強いなー、ということです。この勉強と並行して決算があったのですが、WACCを知って、うおー、そうだったのかー、とショックを受けました。税金返せー。

 ということで、会社を大きくするためにも、これは勉強あるのみ、ですね。

 さて、いよいよ来年、一次試験突破が見えてきたということで、今度は二次試験用の勉強もスタートさせなければなりません。

 まずは、8月末締め切りの2次対策の通信講座が手付かずですので、31日の提出期限までに何とかやっつけたいと思います。やれば何か見えてくるでしょう。

 ともあれ、今年の夏が終わりました。また来年に向けて、頑張ります!(って高校野球みたいだな。。。
| ★ 中小企業診断士試験 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック