中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
<< 久々の更新です。 | main | 試験科目設置の目的と内容 1. 経済学・経済政策 >>
計画変更
で、勉強が進んでいなかった理由というのを、ちょっと考えてみたのです。で、おお!これか!という明確な答えが見つかったので、シェアします。

ここ数ヶ月、一応、財務会計を何とかしようと取り組んでいました。

いや、取り組もうとしていました。

理由は、いちばんの苦手科目だからです。
時間がかかりそうだから、先にやっとけ、みたいな。

でも、それは間違いだったとわかるのに、3ヶ月かかりました(笑。
苦手科目なんて、他の科目が受かってからやればいいじゃん!

ということに、思い当たったのです。

今、私は、「経済学・経済政策」「経営法務」が受かっています。

まあ、おそらく「経営情報システム」も大丈夫でしょう。
勉強しなくても、科目合格導入最初の年に合格したんですから。
最悪、3年目に残してもOKでしょう。

で、2年目で「財務会計」をクリアしようと考えていたのですが、
無理無理。

ということで作戦変更。

「企業経営理論」「運営管理」「中小企業経営・政策」

の3科目攻略に変更です。

ちなみに、この中で昨年、いちばん点数が良かったのは、「中小企業経営・政策」です。

まあ、これは問題も過去問と同じでしょうし、直前に経済白書・中小企業白書・施策の手引きをじーっくり読んで覚えれば受かるでしょう。

「企業経営理論」は問題のいやらしさに対応できるか、が勝負でしょう。問題というよりも、出題の仕方、ですかね。なんか、罠にぼこぼこハマって自滅しています。

問題は「運営管理」ですね。これはねー。知識もないし、覚えられないし、という感じなんですよねー。

まあ、どちらも問題演習中心でやっていくしかないかなーとは思っていますが、別にどちらも嫌いな科目ではないので、結構、イケるかも、と思っているのです。

さて、ではどっちから片付けていくか、ということが問題ですね。

「企業経営理論」も「運営管理」もひとつの科目であるかのような顔をしていますが、実は、「企業経営理論」は、「経営戦略論」「組織論」「マーケティング論」に、「運営管理」は、「生産管理」「店舗・販売管理」に分かれています。

なぜそんなことが言えるのかと言えば、出題範囲の表(水色の紙の奴です)に書いてあるからです(笑。

ということで、そこに出てくるキーワードを説明できるようになれば、まあ、いいんではないでしょうかね。

っていうか、それが最低限ですよね(笑。

とりあえず、全科目、コピっておきますね。
| ★ 中小企業診断士試験 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック