中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
| main | 学校に行くのが勉強ではない! >>
平成20年度第一次試験終了
 毎日、暑い日が続いています。本日、4回目の受験を終えて参りました。

 そもそも私が中小企業診断士を勉強しようと思ったのは、前の会社で経営について初めて考える機会を持ち、自分の力不足を認識したからでした。

 力不足、というのは2つですね。

 ひとつは知識。これはもう絶対的に必要なものです。もちろん、体験からも学ぶことはできますが、それは時間もかかりますし、被害も甚大です。

 ちなみに前の会社は経営がうまくいかず、20億をあっという間にすりました(笑。
 そして足りないもうひとつは、人を巻き込む能力です。これは前の会社の社長という見本もありましたが、もちろん、これはスキルもありますね。

 で、とりあえずは中小企業診断士を、と思ったのですが、初年度は会社を辞めることになって、勉強できずに失敗。翌年からは起業から事業を立ち上げるのに必死で勉強どころではなく。そして今年、改めて受験することになり、改めて、その楽しさを実感しました。

 現在、実際に自分が経営者になり、それで受験してみたのですが、感想としては、この試験、もちろん、国が用意した唯一のコンサルの試験なのですが、経営者にとっても自分のレベルを確認する試験なんではないかな、ということです。

 前に経営者に資格はない、とかいう本もありました。また、エンロンショック以降、経営者に対する管理と言いますか、締め付けが厳しくなっています。

 しかし、どうでしょうか?

 経営者自身が品格を持ち、そして知識もバランス良く持っていれば、常にレベルアップを考え、国の政策ともリンクした経営を志していれば、きっと経営もうまくいきますし、会社の発展が日本社会の発展にリンクするのではないか、そんなことを思ったのです。

 しかもなんといっても、国の補助金とか支援制度に精通した経営者って、良いとは思いませんか?

 ということで、経営者として中小企業診断士をもう一度、目指してみよう、ということでサイトまで作ってしまいました。
| ★ 中小企業診断士試験 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック