中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
簿記3級合格への道
 えーっと、簿記3級を受けてまいりました。

 結果は、おそらく合格です。

 受けたときには満点かと思ったんですがねー。

 仕訳でちょこちょこミスりました。はい。

 でもまあ、大丈夫でしょう。

 と、平気な顔をしていますが、今月の初めには20点台だったのです。

 それが7割をどうして取れたか?

 ひとえに家庭教師をつけたおかげです。はい。

 私のテキストは右のものを使用。理由は大きくて安いから、です(w。


 ちなみに、家庭教師と何を勉強したかといえば、

1.とりあえず問1の仕訳の過去問10年分を全部やる、
2.問3をやる(やれるところだけ)
3.問2と問4の過去問のパターンを知る
4.とりあえずできるだけ過去問をやる

 てな感じ。っていうか、問1・3・5だけで合格ラインなんて、まったく知りませんでした。

 少なくとも精算表は完璧、決算も8割がたOKになりました。

 勉強時間は、全5回×3時間、自習がそうね、試験前の勉強も含めて、10時間くらいですかねー。

 そんなんで20点台が一か月で70点台になりました。

 要は、

1.とりあえず仕訳ができるようにする
2.引っかかるポイントはそんなにないので、そのパターンで一度、ひっかかる
3.引っかからないようにする

 と、これだけの試験でした。

 家庭教師代は3万円弱。決して安くはありませんでしたが、これで簿記に対する自信がついた、、、というか、苦手意識が払しょくされたのはとても大きい。

 まるで悪い魔法使いがかけた呪いが解けたような気分だー

 というのが正直な感想です。はい。


 今回、かなり納得したポイントは、

 簿記ってば、引き算を使わずに表現しようとして、こんなに面倒なやり方してるだけじゃん

 ということです。

 これねぇ、どれくらいの方が共感してくださるかわからないんですが、

 面倒だから足し引きして利益だけわかればいいじゃん

 という発想する人は、簿記、ダメなんですよ。

 しかも、パソコンとかない前提。もちろんエクセルもなし。弥生会計もなし。EDIもなし。

 ということで、振替伝票だの、約束手形だの、面倒なものが出てくるわけですよ。

 そもそも複式簿記の仕組みって、中世のイタリアが起源というじゃないですか。

 で、しかも異国の人と取引するためのツールだったそうで。

 ということは、言い方は悪いですが、

 どんなに頭の悪い人と取引しても、双方が納得する仕組み

 である必要があるわけですね。

 ですから、

 頭が悪くなったつもりでやる

 ということが大事だったわけです。

 とりあえず手を動かす。

 とりあえずなんでも仕訳る。

 ということをやった結果、まあ、できた、ということです。

 これでとりあえず、財務・会計の弱点のひとつは補強完了。

 次は、来年2月の2級試験で、原価計算のところができればOKですかねー。
| B 財務・会計 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0)
試験科目設置の目的と内容 2.財務・会計
試験科目設置の目的と内容 2.財務・会計

(科目設置の目的)
 財務・会計に関する知識は企業経営の基本であり、また企業の現状把握や問題点の抽出において、財務諸表等による経営分析は重要な手法となる。また、今後、中小企業が資本市場から資金を調達したり、成長戦略の一環として他社の買収等を行うケースが増大することが考えられることから、割引キャッシュフローの手法を活用した投資評価や、企業価値の算定等に関する知識を身につける必要もある。このため、企業の財務・会計について、以下の内容を中心に知識を判定する。
続きを読む >>
| B 財務・会計 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0)
試験科目設置の目的と内容 2. 財務・会計
(科目設置の目的)
財務・会計に関する知識は企業経営の基本であり、また企業の現状把握や問題点の抽出において、財務諸表等による経営分析は重要な手法となる。また、今後、中小企業が資本市場から資金を調達したり、成長戦略の一環として他社の買収等を行うケースが増大することが考えられることから、割引キャッシュフローの手法を活用した投資評価や、企業価値の算定等に関する知識を身に付ける必要もある。このため、企業の財務・会計について、以下の内容を中心に知識を判定する。
(内容)
(1)簿記の基礎
簿記原理、会計帳簿、決算処理一巡(試算表・精算表の作成、決算仕訳、貸借対照表・損益計算書の作成)
(2)企業会計の基礎
損益計算書(収益の会計、費用の会計)、貸借対照表(資産の会計、負債の会計、資本の会計)、キャッシュフロー計算書、企業結合(合併・分割、連結決算)、会計ディスクロージャー、税効果会計
(3)原価計算
原価概念、原価計算の種類と方法
(4)経営分析
経営比率分析(収益性、流動性、生産性、成長性)、損益分岐点分析、利益増減分析
(5)利益と資金の管理
利益計画(限界利益と貢献利益、プロダクト・ミックス)、予算・実績差異分析、資金繰りと資金計画
(6)キャッシュフロー(CF)
CF の種類と算出(CF の概念、営業CF、投資CF、財務CF)、CF マネジメント(フリーCF、運転資金の管理、CF 関連比率)
(7)資金調達と配当政策
資金調達の形態(内部金融と外部金融、直接金融と間接金融、自己資本と他人資本、企業間信用、リース)、資本コスト(借入金のコスト、社債のコスト、普通株式のコスト、剰余金のコスト、加重平均資本コスト)、配当政策(配当の種類、配当性向、配当政策の効果)、最適資本構成(財務レバレッジ、モジリアーニ・ミラー(MM) 理論)
(8)投資決定
貨幣の時間価値と割引キャッシュフロー(DCF)、投資評価基準(回収期間法、会計的投資利益率法、内部収益率(IRR) 法、正味現在価値(NPV) 法、収益性指数法)、不確実性下の投資決定
(9)証券投資論
ポートフォリオ理論(ポートフォリオのリスクとリターン、効率的ポートフォリオ、最適ポートフォリオの選択)、資本市場理論(資本資産評価モデル(CAPM) の理論、指数モデル、CAPM と財務決定)
(10)企業価値
株価の算定(配当割引モデル、株価収益率、株価純資産倍率、株価キャッシュフロー倍率)、企業価値評価モデル(割引超過利益モデル、割引キャッシュフローモデル)、企業合併・買収における企業評価(収益還元方式、純資産方式、市場株価比較方式)
(11)デリバティブとリスク管理
リスクの種類、オプション取引(コールオプション、プットオプション)、先物取引(先物為替予約、通貨先物取引)、スワップ(金利スワップ、通貨スワップ)
(12)その他財務・会計に関する事項
| B 財務・会計 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
久々の更新です。
 えー。久々の更新です。

 更新が久々ということは、すっかり勉強なんて忘れていた、ということですね。

 あはは。

 これがブログ勉強法の正直なところです。

 それはそうと、今日は、簿記を受けてきました。日商商業簿記ですね。
続きを読む >>
| B 財務・会計 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
コーチ募集(コーチングバンク) 灰谷孝ブレインジムラーニング 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック NLPコーチング カーディーラー経営品質向上 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC alice forest 〜 アリス・フォレスト 実践写真教室 フォトスクール「橋本塾」 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル