中小企業診断士試験に合格しよう!

中小企業の経営者が、本業を犠牲にしないで、中小企業診断士試験に合格する軌跡を追いかけるブログ
1次試験の勉強をこれから始める方に
  中小企業診断士勉強歴も5年を超え、その間、いろいろな学習法と教育機関を試しました。また、他にもいろいろ試験を受けてみました。

 このブログでは、ついでにそういう経験の中から、シェアできることもシェアしていきたいと思っています。

 いわゆる大手の予備校では、一次試験を勉強しようというと、まずは企業経営理論から、というところが多いのですが、私としては、あまりお勧めしません。

 というのは、中小企業診断士の試験というのはやはり視点から言って、上から目線の試験です。どういうことかというと、「中小企業庁の政策を実現してくれる外部スタッフを選別するための試験」という程度のものですから、いわゆるお役所的な意識がぷんぷんしています。

 別にそれが良いも悪いもなく、そういう風にしか企業を見れないんだと思います。

 お断りしておきますが、これは中小企業診断士の資格を持っている人がそういう風にしか見れない、というのではなく、試験を作る立場の方が、そういう視点に立たざるを得ない、ということです。

 ということで、やはり、まず勉強していただきたいのは、「経済学・経済政策」です。

 もちろん、過去問をやってみるとか、白書を読んでみるというのは、アリです。で、この「経済学・経済政策」を軽んじるとひどい目に合う、というのがこの試験の特徴です。

 経済学的な考え方を理解していれば、この科目が財務・会計や、中小企業政策・経営につながっていることがよくわかるのではないかな、と思います。

  で、その「経済学・経済政策」をどんな風に勉強すればいいか、ということですが、ここでは、私も効果を実感した フリーラーニング の講義をお勧めしておきます。

 まずは石川先生のガイダンスをご覧になってみてください。



 こんな感じで、ミクロ経済学、マクロ経済学の講義が約100本続きます。書籍を買ってこの講義を聴くだけで、知識としては、合格点を取ることができるでしょう。(もちろん問題演習は必要です。)

 検証した動画もご覧になってみてください。



 私はこれをやった後、下記のソフトで過去問をひたすらやって、それで合格ラインまで行きました。



 もちろん、問題集をやるというのも良いかとは思います。また、点を稼ぎたいという方は、石川先生の御本のラインナップには、もう少し詳しいものもあり、こちらは公務員試験などのバイブルにもなっているようです。

 経済学で、とりあえず合格ラインの点数が欲しい!

 という方には、お勧めの方法です。

 まずは、ここから始めてみてはいかがでしょうか?
| A 経済学・経済政策 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0)
平成23年度 中小企業診断士 経済学・経済政策 の振り返り


 表題そのままです。すみません。

 フリーラーニング の石川秀樹先生にお願いして、無茶な企画をしてみました。快く引き受けてくださった石川先生に感謝と拍手!

 は、いいとして。

 要するに、23年度の経済学の試験、いったい、 フリーラーニング だけで合格できたの?という検証です。

 意外にこういう検証、予備校とかでは公開しないですよね。前から思っていたのですが、それってアカウンタビリティ的に問題ではないですかね?

 たとえば、今年の試験が終わったあとの2ちゃんねるでは、TACの予想が外れたと祭りになっていましたが、しかしそれも本当かデマかわかりません。

 ということで、こういう検証は信用に関わりますので、やった方がいいと思いました。


 内容は見ていただくとして、まあ、私も結局、 フリーラーニング と過去問だけで受かりましたからねー。しかも、ポカミスを2つぐらいしてますので、まあ、これはすごいことだと思います。

 だって、この講義、タダなんですよ。

 よく考えたらすごいことです。

 ということで、主催者としては、ちゃんと合格点が取れる講義になっていて、よかったよかった、とほっとしました。

 それにしても、結構、再生されていますね。。。うれしいことです。
| A 経済学・経済政策 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0)
試験科目設置の目的と内容 1.経済学・経済政策
試験科目設置の目的と内容

1.経済学・経済政策

(科目設置の目的)

 企業経営において、基本的なマクロ経済指標の動きを理解し、為替相場、国際収支、雇用・物価動向等を的確に把握することは、経営上の意思決定を行う際の基本である。また、経営戦略やマーケティング活動の成果を高め、他方で積極的な財務戦略を展開していくためには、ミクロ経済学の知識を身につけることも必要である。このため、経済学の主要理論及びそれに基づく経済政策について、以下の内容を中心に知識を判定する。

続きを読む >>
| A 経済学・経済政策 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0)
試験科目設置の目的と内容 1. 経済学・経済政策
(科目設置の目的)
企業経営において、基本的なマクロ経済指標の動きを理解し、為替相場、国際収支、雇用・物価動向等を的確に把握することは、経営上の意思決定を行う際の基本である。また、経営戦略やマーケティング活動の成果を高め、他方で積極的な財務戦略を展開していくためには、ミクロ経済学の知識を身につけることも必要である。このため、経済学の主要理論及びそれに基づく経済政策について、以下の内容を中心に知識を判定する。
(内容)
(1)国民経済計算の基本的概念
国民所得概念と国民経済計算、貯蓄と投資、総需要と総供給
(2)主要経済指標の読み方
国民所得統計、雇用統計、鉱工業生産指数、消費者物価指数、国内企業物価指数、工業統計、商業統計、産業連関表、景気動向指数
(3)財政政策と金融政策
IS−LM 曲線、雇用と物価水準、マネーサプライ、資本市場・金融市場、政府支出と財政政策、貨幣理論と金融政策、景気変動と景気循環
(4)国際収支と為替相場
比較生産費と貿易理論、国際収支と為替変動、国際資本移動と国際資金フロー
(5)主要経済理論
ケインズ理論、サプライサイド・エコノミクス、マネタリズム、古典派と新古典派理論、新保守主義とシカゴ学派、新制度主義経済学
(6)市場メカニズム
需要・供給・弾力性の概念、市場均衡・不均衡、競争的市場の資源配分機能、「市場の失敗」と外部性、公共財と政府規制
(7)市場と組織の経済学
取引費用概念、プリンシパル・エージェント概念、情報の不完全性、ゲームの理論
(8)消費者行動と需要曲線
効用理論、予算制約と消費者の選択行動、代替効果と所得効果
(9)企業行動と供給曲線
利潤最大化仮説、生産関数と限界生産性、費用曲線とサンクコスト、収穫逓増・逓減、規模の経済性・範囲の経済性
(10)産業組織と競争促進
市場構造と競争モデル、独占の弊害と寡占下の協調行動、製品差別化と独占的競争、参入障壁と市場成果、研究開発と技術革新、事業活動の国際化と通商政策、中小企業と産業政策、規制緩和と民営化
(11)その他経済学・経済政策に関する事項
| A 経済学・経済政策 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
コーチ募集(コーチングバンク) 灰谷孝ブレインジムラーニング 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック NLPコーチング カーディーラー経営品質向上 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC alice forest 〜 アリス・フォレスト 実践写真教室 フォトスクール「橋本塾」 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル